ナイトワーク女子のクソ客FAQ

クソ客のいる生活にはもううんざり!

避けられない「クソ客」、あいつらマジなんなんだろうか

クソ客はNGです

このページをご覧になっているということは、ズバリ、「クソ客」で悩まされているのではないでしょうか?
結論から言えば、クソ客に我慢できないようであればお店を変えるべきです。

もし我慢してるって女の子がいるならキャバクラバイトで他の働き先を探してみても良いかもしれません。
特にナイトワークには多くのお店があります。いわば「売り手市場」なので、我慢して嫌なお客が来るようなお店で働く必要はありません。

一方で、どのお店にもクソ客がいるのも事実。ナイトワークで働く以上、ある程度はクソ客への対処法を理解しておいた方が自分自身のためになりますので、クソ客にはどのように対処するのか、対策を考えてみましょう。


【クソ客とは「クソな客」である】

そもそも「クソ客」とはどのようなお客を指すのか。

これは簡単です。接客する女の子が「こいつクソ野郎だわ」と思った客です。

働いている女の子のことを考えずに、自分の楽しみたい気持ちにブレーキをかけずに傍若無人に振る舞う奴は間違いなくクソ客です。

「お客は神様」という言葉を曲解しているお客もクソ客です。
クソ客は「おれは客だから何でも許される」と思い込んでいる傾向にあります。
そのため、行動や言動が自分本位になりがちで、女の子やお店に迷惑掛けることをいとわないのです。


【お客は選べないから「被害」はいつ訪れるか分からない】

夜のお店はお客を選べません。

いつどんな人がお客様としてやってくるのか分からないだけに、クソ客がやってくる可能性もあります。
初めは、紳士でイイお客様! …と思いきや、お酒の酔いに比例してクソ客へと変貌していくタイプもいるため、ナイトワークに従事している以上いつどのタイミングでクソ客とエンカウントしてしまうかは誰にも分かりません。


【実際に多くのナイトワーク女子がクソ客被害に遭っている】

Twitterをチェックすると、様々なハッシュタグとともにナイトワークで働いてる女の子の「被害つぶやき」をたくさん見かけます。
笑える軽い愚痴レベルのものから、もしも自分がこんな目に遭ったらと思うと気が気ではないものまであります。


【被害範囲が自分だけじゃないからマジ厄介】

クソ客の振る舞いは女の子にとって厄介なものです。お店を辞めようかなと考えるなど精神的な被害だけではなく、お店や他のお客様に対しても迷惑です。
クソ客のおかげでお店の評判が悪くなってしまうことも充分に考えられますが、一応は「お客」であるため、毅然とした対処が難しいのも事実です。


【で、実際どうすンの?】

どうしたらいいんだろう
ナイトワークにはクソ客がいて、いつ遭遇するか分かりませんが、ナイトワークにも様々なジャンルがあります。
そこで、職種別にどのようなクソ客がいて、どのように対処すべきなのかそれぞれチェックしてみるとしましょう。

キャバクラのクソ客の傾向

ガールズバーのクソ客の傾向

#クソ客のいない生活

▲ PAGE TOP