「今度合コンしようよ!」勘違いガチ口説きタイプ

凸 引き際を弁えた空気読めるイケメンのお客様は神様です 凸

しつこく本気で口説いてくる客も
ガールズバーで目立つのが、酔いの勢いもあり本気で女の子を口説いてくるクソ客です。
※ただしイケメンは除く

ガールズバーは親近感やノリの良さを売りにしているとはいえ、あくまでもバー。会話と飲食物の提供がサービスの全てです。
とはいえ「そういった雰囲気」をどこか提供サービスの一部として匂わせてる趣があるだけに、ちょっと口説かれたくらいで「クソ客認定」するのは少々酷ではありますが。。。
問題はお客様個人のスペックや口説き方、そして温度感と空気です。

軽くコナかけてみてダメならさっと引く。このスタンスであればクソ客とは言えませんが、しつこくマジで口説いてくるクソ客はとても厄介です。
お酒が入っているだけに、理性を抑えるものもなく、埒が明かない状態になってしまうことも。

【どうせ酔っ払い相手、煙に巻いてやりすごそう】

しつこく口説いてくるクソ客への対処は上手くかわすことです。
(まぁ、それができないから困るわけですが…)

言葉の駆け引きを女の子自身が楽しめているうちは、上手くかわしていれば問題ありません。
「忙しい」「その日は用事がある」といった常套句も、意外とその場ではそれなりの効力を持っています。
売上を伸ばすため多少「その気」にさせる言葉を使うのもアリでしょう。

しかし、タテマエをタテマエとして受け取れず、そのままの意味として受け取る客には注意が必要です。
しつこく迫ってくるクソ客への対処は、他のお客様を上手く使うことも有効的です。
ガールズバーの場合、カウンター席なので他のお客様も自然と会話に混ざることもあります。
一人の女の子で複数のお客を相手にする場合もあり、このような状態であれば他のお客様を上手く会話に巻き込むと良いでしょう。
「ちょっと~助けて下さいよ!」と冗談交じりに助けを求めればその場の雰囲気も変わります。

冗談めかしながら上手く相手をかわすと良いでしょう。

それでもしつこく口説いてくるようなクソ客は、スタッフに冗談交じりではなく、ガチで助けを求めるべきです。
いくらガールズバーでもあまりにもしつこくて許容範囲を超えている場合、お店側に頼った方が女の子としても安全です。
餅は餅屋、スタッフに任せましょう。

【あたしはお前の友達じゃあないっつーの!】

図々しい要求にバカらしくなるときも
「今度みんなで合コンしようよ、友達連れてくるから3×3でどう?」
みたいに、バーテンである女の子をサークルの女友達とでも勘違いしたような話をふってくるタイプもいます。

その合コンや飲み会に女の子を連れていくことで時給やあっせん料が出るならまだわかりますが、よく知りもしないただの客のためになぜ1円にもならない集まりに貴重な時間と労力を割いて参加しなければいけないのでしょうか。
当然答えはNO、自分なりの断りの文言やパターンを用意しておくとイイでしょう。

「あたし女の子の友達少なくて。仲いいのみんな男ばっかなんだよね」
「夜仕事してるから昼間眠くて眠くて…学校(仕事)で手一杯なんだよね」

相手に「こいつその気ないんだな」と思われれば勝ちです。

更新日:2018年08月19日

▲ PAGE TOP