「お酒が飲める子供」空回り悪ノリタイプ

凸 シラフでもウザいウェイ系が酒の力で悪ノリしたらそりゃもう最悪 凸

静かにのんでくれればいいものの

悪ノリが過ぎるお客もガールズバーでは「クソ客」です。

仲間内で少しテンションが高い程度であれば可愛げがあるものの、次第に罵詈雑言が飛び交うようになったりお店中で暴れたり。
ひどいケースだと無関係な他のお客様にからむなんとこともありますね。

ガールズバーは二軒目三軒目で来る場合が多いですが、オラついてイキったウェイが(これが日本語でしょうか)来店したらその瞬間頭の中でスイッチを入れておいた方が良いかもしれません。

このようなクソ客への対処法も覚えておきましょう。

【それとなく承認欲求を満たしてあげる】

悪ノリが過ぎるタイプは、自己顕示欲・承認欲求、これらが強い傾向にあります。
注目してもらいたい気持ちがお酒を加速させ、目立つためにそれらのことを繰り返すケースは珍しくありません。
居酒屋でピッチャーを一気してGRするタイプに多い気がします。

つまり、目立ちたい気持ちを満たしてあげれば、実はこの手の悪ノリは収束する傾向があります。

そのため、冷たい視線を送ったり無視することは逆効果です。
軽く反応してあげるくらいが丁度良いのですが、相手の性格次第では軽く反応すると益々悪ノリが悪化するケースもあります。
この場合、冗談めかしながらでも良いので「ダメだよ」と告げるべきでしょう。
「他のお客さんの迷惑になっている」「お店の備品が壊れたら弁償してもらう」と言った言葉で相手が冷静になるのを待つと良いでしょう。

【最悪、スタッフに丸投げしちゃいましょう】

迷惑な客はスタッフまで
但し、相手としても振り上げた拳を自ら収めることができないケースもあるので「はい、それで終わりね」と、ゴールを設定してあげるのも良いでしょう。
ゴールを設定すれば相手としてもそこで終了して良いと判断できますし、終了させても面目が潰れることはありません。

ここまでの段階で相手が収まってくれれば良いのですが、言葉だけではどうすることもできなかった場合には、スタッフに相談した方が良いでしょう。

女の子の仕事は「接客」です。もらってるお給料の中には度を越して迷惑な客の対処は含まれていません。

女の子としては言葉で抑えることしかできません。
言葉でどうにかならない場合は許容範囲を超えていますので、自分で何とか頑張ろうとするのではなく、スタッフに任せた方が良いでしょう。

この手のタイプはバランスが難しいです。
褒めて増長するタイプもいれば、逆に無視することで余計アピールしようと悪ノリが過ぎていくパターンもあります。
女の子だけでは限界があるので、スタッフに任せることも視野に入れておきましょう。

更新日:2018年08月24日

▲ PAGE TOP