キャバクラのクソ客の傾向

   

酔ったおじさん

キャバクラは、きれいな女の子が同席してくれ、会話とお酒、ちょっぴりの疑似恋愛を楽しめるお店です。

女の子にとってそれはあくまでも「お仕事」なので、愛想よくしたりお世辞の一つや二つくらいは当然言います。
ところがキャバクラに来る客の中には、そのお愛想やお世辞を必要以上に真に受け、かつ曲解してしまう輩も多いです。
基本的にその手の客は「ホントは自分はもてる」気になっている場合が多いので、女の子の接客を『つい』本気にしてしまうのです。

結果、
「この女はオレに惚れてやがるぜぇぇ…ッ!」
という脂ぎった妄想を抱き、疑似恋愛をエンタメする場でマジになるという『格ゲーやってて本気で喧嘩始める小学生』みたいなご法度をやっちまいやがるわけですね。

そもそもよほど人間的魅力にあふれていない限り、店で合っただけ、しかも娘と親ほど年の離れたおっさんに若くてきれいな子が惚れるわけがありません。
そんなこともわからず、額面通りにビジネストークを解釈するその精神性がすでに「クソ客」としての才能を孕んでいるといえるでしょう。

また、お酒が入り気が大きくなってしまい、言ってはいけないことをふさわしくない声量で吐露し始めるというパターンも。
仕事の愚痴程度であれば可愛いものの、次第に女の子に対して説教を始めるような「クズのテンプレート」みたいなお客様もいらっしゃいます。

女の子が笑顔で頷いて話を聞いているうちにいい気になって、説教を始めたり周囲を気にしないくらいの大きな声であれこれ話し始めたり。
酒に飲まれてモラルが欠如する人間性は「クソ客」そのもの。例え仕事であっても関わりたくない人種ですね。

そしてきっと最も多いのが「お触り」でしょうか。
『イカ臭い視線』が胸の谷間や太ももなど、露骨すぎるくらい集中することも多いはずです。
視線だけで済めば良いのですが、欲望を抑えきれず触ってくるアホは少なくないです。その時点で『理性なきくるくるぱー状態』なので、笑顔で軽く注意するくらいでは全然気にしません。
むしろ「いいじゃんかキャバクラなんだから」と勘違い&開き直られることも。
注意しても聞かないどころか逆切れする『おじさん赤ちゃん』もいます。

曲解・勘違いする精神性、モラルを保てない人間性。
お里が知れる程度の低さですが、一定の割合でこの手合いが客としてついてしまうことを100%回避することは困難です。

こういった交通事故のような「クソ客」にはどのように対処すれば良いのか。
タイプ別に対処法もしっかりとチェックしておきましょう。

       

「昔は良かった」時代錯誤の感覚のお触りタイプ

凸 触りたきゃセクキャバか風俗に行け! 凸 「お触り系」、キャバクラのクソ客といえばこれがメジャーでしょうね。 古き悪しきバブルや昭和の時代に夜遊びを満喫していた年配の客は、時代の空気で暗黙の了解だっ・・・ [続きを読む]

更新日:2018年08月28日

「よぉそこの若ぇの俺の言うことを聞いてくれへへェ!」絡み酒説教タイプ

凸 せっかく女の子が側にいるのに楽しく飲めない気の毒なお人... 凸 「こんなとこで働いてんの、親は知ってんのか?」 一体、何百人何千人のキャバ嬢が聴いてきたセリフでしょうか。説教系のクソ客はもはや名・・・ [続きを読む]

更新日:2018年08月27日

「プライベートで支えてあげたい」ドM献身的な自己陶酔タイプ

凸 プライベートで会いたきゃキャバの時給以上の報酬を出せ 凸 [続きを読む]

更新日:2018年07月30日

▲ PAGE TOP