#クソ客のいない生活

クソ客で擦り減らないために

クソ客の対応に疲れたら
クソ客などいない方が良いのは言うまでもありませんが、いつどこでクソ客と遭遇するか分かりません。
いわば事故のような存在なだけに、対処法を知っておくことも大切ですが、その際どれだけしっかりとした対応を取ってくれるお店なのかを見極めると良いでしょう。


【我慢できなきゃ辞めちゃえ!】

ここで冒頭の言葉に戻りますが、お店の対処は極論すればお客と女の子、どちらを優先するかです。
クソ客ではあってもお客はお客だからと女の子に我慢を強いるようなお店は、すぐにでも変えた方が良いでしょう。
女の子のことを優先してくれるお店はたくさんあります。

ナイトワークはどのジャンルでも売り手市場です。
求人を見ても働く女の子側に寄り添ったものが多いのも、売り手市場である理由の一つです。
分かりやすく言えば、「働かせてあげるよ」ではなく「働いて下さい」になっています。
そのような状況であるにもかかわらず、女の子ではなくお客を優先するようなお店は残念ながら変えた方が良いです。


【お店よりもお客様よりも自分の生活が大事♪】

笑って生活できる毎日が一番大切
たった一度のことで変えるのは面倒だと思うかもしれません。
しかし、クソ客にどのような対応をするのかを一度見れば、自ずと「次」も見えてくるはずです。
先にいくつかの対処法をレクチャーしましたが、結局最終的には自力ではなくスタッフの力を借りなければ問題の解決が難しいケースばかりです。

つまり、スタッフがどのように応対してくれるかがすべてです。
そこで「お客なんだから我慢しろ」というスタンスか、あるいは「女の子の方が大切」とするか。
どちらなのかを見極めると良いでしょう。

言葉だけであれこれ言われるだけでも嫌なものですが、ナイトワークのクソ客はお酒が入っているので何をするのか予想できません。
暴力をふるう可能性もあれば、お店の備品を投げつけてきたり、あるいは予期せぬことをしてくる場合もあります。
そのようなお客と接しているのに、いざという時に守ってくれないスタッフのいるお店で働いていても最終的には自分が損をするだけです。

安心して働くためには、何よりスタッフが大切です。
良いスタッフがいるお店も多々あるだけに、自分のことを大切にしてくれるお店を求人サイトでチェックしてみてはいかがでしょう?

▲ PAGE TOP